飲む前に知っておく!増大サプリメントの副作用

増大サプリメントというと成分がチョット妖しいイメージがあります。

科学的な薬品は入っていませんが、材料を見ると「マカ」「動物の睾丸」とかあるので普段は見ることのないような素材が入っていることがわかります。

食べて大丈夫なのか、副作用も心配ですよね。
そこで副作用について考えてみました。

副作用はある

そもそも食べて「絶対」安全な食品なんてありません。
白米もたくさん食べれば、太ります。

それに日本の農業は世界でもトップクラスに「農薬」を使っています。
1位が中国で2位が日本、この2国の量がダントツに多いのです。

ちなみに、こちらはサンプルになった73種の日本産蜂蜜のすべてにネオニコチノイドという農薬が含まれているという記事です。

日本産だから安全というわけではないんです。

それに、鶏には栄養促進剤が使われ、養殖の魚には大量の抗生物質が使われています。
カロリーの無い人工甘味料には視覚に関連する危険性がささやかれます。

ただ、大量に取らないことで、直ちに影響が無いとして、普通にスーパーに並びます。

ある程度使用量を限定していれば危険は低いということなのです。

増大サプリメントも同様に直ちに副作用がでることはまず無いです。
増大サプリメントだけでなくサプリメント全体で、使用量を守れば副作用のリスクはとても低いです。

安心して飲んで大丈夫です。

念のため注意してほしい人

アレルギーに注意

アレルギーを持っている人は注意しましょう。

これは本人がある程度自覚している場合があるので、成分をみて判断してください。

乳、ゴマ

といったアレルギーを引き起こす可能性がある素材も含まれています。

※ 他にもアレルギーを引き起こす材料が入っていることもあるので注意しましょう。

はじめは少しずつ飲む

あと内臓にも負担がかかるので、腎臓や肝臓などに不安がある人はサプリメント全般を控えたほうがいいです。

こちらも増大サプリメントに限らず、すべてのサプリメントに言えることです。
今まで以上に栄養成分を取り込むので、内臓に負担がかかります。

自分で体がわからない場合は、はじめは最小の量を摂取し体を少しずつならし、量を増やすことをおススメします。

そして絶対にやってはいけない事を以下にまとめました。

やってはいけないこと

副作用というよりも、飲み方の注意です。

当たり前ですが食べすぎ飲みすぎは危険です。
あと飲み合わせも注意が必要です。

飲みすぎ注意

増大を期待して、指定の量を超えたり、必要以上に飲むことは避けましょう。

サプリメントは製造メーカーがだいたい1日の目安にあった配合にしているので、それ以上に飲んではいけません。
なかには、亜鉛のように取りすぎると体に負担がかかる成分もあります。

たくさん飲んだからといって効果がたくさん出るわけでもありません。
体内に残らず排泄されることも考えられますからね。

用量は守りましょう。

アルコールと飲んではダメ

増大サプリメントは必ず水で飲みます。

サプリメントを飲むときはアルコールは絶対に避けましょう。
あと牛乳やコーヒーも30分は時間を空けて飲むといいです。

アルコールは体にさまざまな影響を与えるので、サプリメントを飲む際は向かない飲み物です。
お酒を控えるか、サプリメントを朝にずらす事が良いです。

牛乳にはたんぱく質があり胃に粘膜をはる傾向があります。
コーヒーにはカフェインが含まれ、上手く作用しない可能性もあります。

増大サプリメントは食後に水で飲み、その後牛乳やコーヒーを飲む場合は30分開けてから飲みます。

まとめ

増大サプルメントはあくまでも補助食品なので、副作用はすくないです。

ただ、栄養素を集中して体に取り込むので、増大サプリメントに限らず、サプリメントで大切なことはどれも同じです。

注意することは以下

  • アレルギーの確認する
  • 容量を守る
  • 飲み合わせを考える

正しく飲めば、副作用はおきにくいので安心して取り込めます。


ライター高瀬ヤス イチオシのお勧め増大サプリメント

●ヴィトックスα(vitox α EXTRA edition)


当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴィトックスα。
最大の特徴は日本人向けに日本で成分をバランスよく調整し日本の安全な工場で製造されているところ。

研究されつくした配合により日本人の体に不足している成分が正しく補給でき、増大効果を期待できます。

また販売サイトで4年連続「男性サプリメント」ジャンル売上1位を取り続け、2018/3時点で50万個売れているベストセラー。

販売は自動的な定期購入ではなく欲しい時に購入するので安心して注文できます。
それでも売れ続けてリピートする人が多い、自信があるサプリメントです。

ヴィトックスα の公式ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る