亜鉛の効果と副作用。必ず読んでおこう。

亜鉛はさまざまな効果を体に及ぼします。
特に男性には必須の成分といえ、精力や成長を左右するといっていいほど重要な栄養素であることは間違いありません。

しかし、とりすぎると悪影響もあるので、亜鉛はバランスが重要な成分です。

ここではそんな亜鉛について解説します。

効果

亜鉛には以下のような力があります。

酵素の組成

身体の中ではさまざまな合成や分解という化学反応が行われています。

その触媒として、干渉し活性化させる役目を持っている物質が酵素です。
亜鉛は数多くの酵素の組成にかかわっています。

細胞分裂を刺激

亜鉛は細胞分裂に必須。DNAの複製にかわる成分です。成長時には特に要する栄養素です。

生殖機能

亜鉛は男性の精巣部位に働きかけ、精子の産生や運動能力に非常に関係している成分です。

また精力を左右する男性ホルモンのテストステロンの合成に関わる酵素のにも関与します。

男性の精力に必須の成分です。

免疫機能

亜鉛はウイルスを攻撃する免疫細胞を活性化する働きがあります。

このように亜鉛は、酵素を活性化させるので幅広いジャンルで必要になる成分なのです。

亜鉛の摂取量

必要だからといってとりすぎも注意が必要です。
適切な摂取量に注意をしなければいけません。

成人男子推奨量:10.0mg
成人女子推奨量:8.0mg

亜鉛は通常の食事でしたら過剰摂取のリスクはありません。
恐いのはサプリメントによる大量摂取を長期間続けることで、悪影響もあります。

続けた場合には各種過剰症が発生することも報告されています。

そのため日本食事摂取基準では亜鉛の成人男性の上限量は40㎎に、成人女性の上限量は35㎎に設定されています。
摂取量が超える日が続くと、肌荒れや抜け毛などの副作用も多くなります。

亜鉛を多く含む食事

亜鉛は、食品では特に肉類、魚類、穀物に多く含まれています。

  • 牡蠣(カキ)
  • うなぎ
  • 牛肉(もも肉)
  • チーズ
  • レバー(豚・鶏)
  • 卵黄
  • 大豆製品
  • そば
  • ゴマ
  • 緑茶
  • 抹茶
  • カシューナッツ
  • アーモンド
  • 黒米
  • 赤米

亜鉛の1日の必要摂取量は、10mgですから、牡蠣だと1つ食べると一日分の量をほぼ補えます。

亜鉛は不足しても困るし、取りすぎても困る成分です。
マカなどと一緒にとるととても効果的な成分であることは間違いないので、配合率の良いサプリメントで摂取するのが良いです。

大豆製品にはアルギニンが含まれ、レバーは良質のたんぱく質が含まれます。

バランスの良い食事と配合率の良いサプリメントを食べると効果があることは間違いありません。


ライター高瀬ヤス イチオシのお勧め増大サプリメント

●ヴィトックスα(vitox α EXTRA edition)


当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴィトックスα。
最大の特徴は日本人向けに日本で成分をバランスよく調整し日本の安全な工場で製造されているところ。

研究されつくした配合により日本人の体に不足している成分が正しく補給でき、増大効果を期待できます。

また販売サイトで4年連続「男性サプリメント」ジャンル売上1位を取り続け、2018/3時点で50万個売れているベストセラー。

販売は自動的な定期購入ではなく欲しい時に購入するので安心して注文できます。
それでも売れ続けてリピートする人が多い、自信があるサプリメントです。

ヴィトックスα の公式ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る