ぺニスの増大に必要な栄養素はこれ!

増大のメカニズムのおさらい

ペニスの増大は、いわゆる10代の第二期性徴で行われます。

思春期の頃で、子供のおちんちんか大人のペニスへと変化する時期で、特に何もせず大きくなります。
ただ、このタイミングを逃し、成人になると性徴が止まり勝手に大きくなることはありません。

その後、ペニスを増大させる方法はこの2種類しか期待することができません。

  • 手術をする
  • チントレ+必要な栄養を摂る

手術は、確実にそして短時間で結果を出すことができるのですが、デメリットもあります。

ヒアルロン酸注入など1回10万円以下でできる手ごろな手術も、効果は1年程度で定期的なメンテナンスが必要になります。
費用が高かったり定期的なメンテナンスが必要だったりと、価格がなかなか見合わないのが現実です。

チントレをしつつ、必要な栄養を摂ることで、ペニスを大きくするのが一般的です。
意図的にペニスの増大につながるような栄養素を摂取する必要があります。

増大メカニズム

  • チントレをしてペニスを鍛える
  • 精力をあげ増やして勃起力を高める
  • 血流を良くしてペニスに血液を流す
  • 結果として、ペニスの勃起が性徴を促す

チントレでペニスを鍛えても、勃起する力や血流の良さがなければ、なかなか結果が出にくいです。
このメカニズムを行うためには、勃起する力をつけること、めぐりに役立つ栄養素が必要になるのです。

つまりペニス増大栄養素とは、精力をあげるもの、めぐりをよくする栄養素のことです。

男性が勃起をするのは、興奮することでペニスに血液が流れ込んで大きくなります。
ペニスが大きくなっている分の多くは血液なのです。

だから血液がたくさん流れ込むほど、勃起力が強くなりペニスが大きくなるわけです。

流れ込む血液の量は血管の状況や血液の状況、興奮の度合いなどで変わります。

ペニスの大きさが重要になるのは、セックスをするときなので勃起時のサイズがもっとも重要なのです。

つまりペニスを増大させるには、血行を良くして勃起力を高めることに尽きるのです。

成長を促す栄養素


基本的に人の体は様々な栄養素でできています。

そして、その栄養はクチから取り入れる必要があるんですよね。
どの栄養が必要というのは、これから記載しますが、もっとも大切なことはバランスよく取り入れるということです。

シトルリンという重要な栄養素があるんですけど、それだけ取っていれば良いわけではありません。

ペニスを大きくするには、チントレすることと必要な栄養をバランスよく取り入れることです。

バランス良く栄養を摂取していれば、自然に必要な栄養を摂取できます。
穀類、肉、魚、野菜、海藻、果物、さまざまな食物をバランス良く食べましょう。

めぐりの改善

勃起に重要なことは血液のめぐりです。

勃起は海綿体というスポンジのような組織に血液がたくさん流れ込むことで膨らみます。
血流のめぐりをよくする栄養素で補うわけです。

めぐりを良くする栄養素はDHA、EPAといった不飽和脂肪酸やシトルリンです。

DHAとEPAはマグロや青魚に豊富にふくまれ、シトルリンはスイカに多く含まれます。

必要な栄養素

ここからは改めて必要な栄養素を紹介します。

チロシン

チロシンは興奮を伝達するアドレナリン、抑制を司るノルアドレナリンといった神経の伝達を司る原料です。

チロシンが足りなくなると、性機能が低下する可能性もあります。

成人が必要な量は1日500~2000mgです。
チーズや大豆に多く含まれているので、簡単なのは毎日納豆を2パック食べることです。

1パックあたり 300-400mgの摂取が見込めます。
その他、和食を食べていれば、みそ汁や他の大豆食品も口にするので、500mgを下回ることはないでしょう。

もちろん食べ過ぎも危険で、摂りすぎると甲状腺に影響を与えるので注意しましょう。
あくまでも「バランス」が重要です。

アルギニン

アルギニンもアミノ酸の一つです。

アルギニンは体内で生成出来き、下に記載するシトルリンと重要な関係を持っています。
アルギニンとシトルリンはお互いに変換することがあります。

それを「一酸化窒素回路」といいます。
体内でアルギニンがシトルリンに変換され、さらにシトルリンがアルギニンに変化するというサイクルがあります。

その変化のなかで一酸化窒素を発生させることがわかっています。

これは、どちらか一方が必要なのではなく、2つとも「バランス」よく接種することが重要なのです。

そして NO(一酸化窒素)の役割は、血管を太くしなやかにしてめぐりをよくする作用がわかっています

めぐりがよくなり性機能の改善や、冷えを予防できたりするのです。

アルギニンは豚肉に多く含まれています。
その他大豆、サバ、カツオといった食品にも含まれます。

必要な量は1日におよそ1-8g前後です

豚肉100gでおおよそ 8g近く取れるので、それなりに意識して食事をしていれば不足することはないでしょう。

シトルリン

シトルリンは、アルギニンと相互に変換し一酸化窒素を発生させるアミノ酸です。
アルギニンにくらべシトルリンは不足しがちなので、このシトルリンを意識して取り入れることが最も大切です。

一酸化窒素によりめぐりが改善され大量の血液が流れ込みやすくなります
その他体中のめぐりをよくして、栄養をしっかり運ぶ働きが期待できます。

増大サプリメントのメインはこのシトルリンにもあります。
ただ、シトルリンはなかなか体に取り入れることが難しいです。

スイカなどのウリ科の食品に多いのですが、なかなか摂取が難しいです。

シトルリンの1日あたりの目安摂取量は800mgです。

食べ物で1番シトルリンが入っている食品はスイカで、それでも100gあたり180mgです。
スイカはだいたい 1/4カット食べればシトルリン800mgは可能です。

難しいのはそれ以外の食品にはとても少ないということです。
キュウリだと毎日50本以上食べなければいけません。

スイカを毎日1/4食べることも、キュウリを毎日50本食べることも現実的ではないです。

普段の食生活で摂取するのは難しい栄養素です。

オルニチン

オルニチンは「しじみ」で有名になっている栄養素です。

知っている人も多いですが肝臓の機能を守ります。
オルニチンは肝臓で有害な毒素を無害にする重要な役割を果たしているほか、二日酔い、疲労感の軽減にも効果が期待できます。

成人の1日あたりのオルニチン摂取量は400-1000mgです。

しじみだと、100個くらい食べないと400mgにいきません。
意外に摂取が難しい栄養素です。

亜鉛

亜鉛は、別名セックスミネラルとも呼ばれます。
精力をあげるのには必須の栄養素です。
精子を作る上で欠かせないので、精子が増え性欲も上がると考えられています。

成人男性1日あたりの亜鉛摂取量は10mgです。
ただ上限もあり45mgを超えることは避けましょう。

亜鉛を過剰に摂取し続けると、銅欠乏や吐き気、免疫障害など様々なマイナス面があります。
バランスよくとることが大切。

亜鉛を豊富に含む食材としては、牡蠣です。

100gあたりで、13-25mgとれます。

生ガキ 中サイズがだいたい 15-20gとして考えると、5-7個くらいで亜鉛10mgになります。

牡蠣以外だと、カツオ、いわし、サバ、豚肉、牛肉などが多いです。
すこし意識しておけば、10mg近くは採れるでしょう。

毎日の食事でとるには

以上のような栄養素を毎日の食事で取ろうと思うと、どのような料理がよいのでしょうか。

まず、納豆は毎日2パックは必要です。
また豚肉、サバなどの青魚をバランスよくとることも大切です。

普通に食生活を意識していれば、チロシン、アルギニン、亜鉛はとれます。

しかし問題は、シトルリン
増大に最も重要な栄養素で、毎日の食事で採り続けることが難しいです。

スイカを食べ続けるのは困難ですよね。
栄養を補うものこそ、サプリメントです。

ペニス増大栄養素を手軽に摂取するならサプリで


ペニスの増大に必要な栄養素はわかっています。

でも、そのような食材を意識して毎日の食事に取り入れて、しかも継続的に食べるのは大変です。

現在、ペニスの増大に必要な栄養素を豊富に含んだサプリメントも販売されています。
効率的に増大を目指すには、ぜひ活用しましょう。

最近の増大サプリメントはとても研究されていて、日本人の体や食生活に合わせた栄養の配合になっています。
これまで紹介した栄養がとてもバランスよく配合されていて、普段の食事に加えて決められた量を服用すればよいだけです。

また、サプリメントはあくまでも「食品」で、医薬品などとは異なり副作用を引き起こす可能性もほとんどありません。

スイカを食べる代わりに、サプリメントを接種するというわけです。

増大に重要なこと

増大のために重要なことは、チントレと必要な栄養素をとるだけでよいわけではありません。

生活習慣を改善する

ペニス増大をするためには、日常の生活習慣を見直すことも大切です。

まず、タバコを吸っている人はできるだけ本数を減らしましょう。
タバコは未成年が禁止されている理由は、成長を阻害することがわかっているからです。
また血管を一時的に狭くすることもわかっているので、はっきり言って増大と真逆の効果があるからです。

タバコは増大に最も邪魔な存在です。

そのほか睡眠不足や疲労・ストレスを溜めこむと身体の機能が衰えてホルモンがうまく分泌されないこともあります。

生活習慣の改善は健康的な体作りにもなり、ペニス増大にも間接的にかかわってくるので、サプリメントやチントレと一緒に積極的に行いましょう。

最後に

さまざまなペニス増大栄養素と、それらの栄養素が豊富に含まれている食材を紹介しました。
ペニスの増大には、血行をよくして勃起力を高める必要があります。

必要な栄養素を、毎日の食事で「バランス」よく取り入れることはとても難しいことです。
効率的に摂取することはとても大切で、サプリメントを活用することをお勧めします。

また、適度な運動や生活習慣の改善をも大切です。

健康的な体作りを意識して増大を目指してください。


ライター高瀬ヤス イチオシのお勧め増大サプリメント

●ヴィトックスα(vitox α EXTRA edition)


当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴィトックスα。
最大の特徴は日本人向けに日本で成分をバランスよく調整し日本の安全な工場で製造されているところ。

研究されつくした配合により日本人の体に不足している成分が正しく補給でき、増大効果を期待できます。

また販売サイトで4年連続「男性サプリメント」ジャンル売上1位を取り続け、2018/3時点で50万個売れているベストセラー。

販売は自動的な定期購入ではなく欲しい時に購入するので安心して注文できます。
それでも売れ続けてリピートする人が多い、自信があるサプリメントです。

ヴィトックスα の公式ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る