日本人の平均サイズとSEXに必要な長さ

ペニスを大きくしたいのは誰もが思うことです。

でも小さいからといって嘆くことはないんですよね。
アジアの人は世界的にみて小さいといわれていますけど、ちゃんとセックスして子孫を残しています。

大きいからいいというわけでも無いようです。

そこで、実際に日本人の平均サイズはどれくらいなのでしょうか。
そして、どれくらいのサイズがあるといいのでしょうか。

ペニスのサイズについて疑問をまとめてみました。

日本人の平均サイズ

日本人を対象に医学的に統計をとったようなデータは見つかりません。
そこで基準にしてみたのが「TENGA」の調査です。

男性ならだれでも知っている「あの商品」をつくるためにアンケートを実施しています。
約50万人の調査というのだからそれなりに信用できるのではないかと思います。

出た平均値がこちらです。

  • ペニスの長さ 13.56cm
  • 亀頭の直径 3.53cm
  • 竿の直径 3.19cm

※ TENGA より引用
https://www.tenga.co.jp/special/fitting2012/

データを見ると、長さは 10cm-15cmに集中しているのがわかります。

日本人の平均値は 13.56cm あたりで、前後2cmくらいが分布の多いところなんでしょう。

世界基準

日本人のサイズはなんとなくわかりました。
もう1つ気になるのが、世界のサイズです。

最近はグローバル化が進み、世界の男性たちとも競わなければいけないのかも知れません。

もちろん、こちらも医学的な論文があるわけではないので、いろいろとネット情報をあさった結果です。

だいたい大きいのはアフリカに集中していて、平均して 17cm。
欧米も16-17cm程度という表記が多いです。

反対に小さいのは、アジア諸国に集中しています、ほとんど10cm前半。

これは、人類の長い歴史の間で食生活とかのちがいでしょうかね。
アジアも熱帯地域もあるわけで、洋服の差というわけでもないでしょうし。

原因は所説あるのですが、日本を含めたアジアは小さいと考えていいのでしょう。

子孫を反映させるという点のサイズ

では「子孫を残す」という動物的な繁殖行動を考えてみると、どれくらいのサイズがあればセックスができるのでしょうか。

実際のところ、10cm程度のアジアの住民も子孫を残しているわけで、サイズは10cmあれば十分だと推測できます。

女性の中も8cm-12cmといわれているので、10cmあればサイズは問題ないということです。

あまり大きすぎてもペニスの全部が入るわけではありません。
ペニスのサイズは繁殖力にあまり関係が無いようです。

女性が喜ぶサイズ

次はセックスを楽しむためのサイズです。

男性ならやはりセックスを楽しみたいですよね。
女性を喜ばせるのは男性のマナーでもあります。

女性がセックスでペニスに最も要求することは「清潔感」です。
性癖もあるんでしょうけど、単純にサイズとかではなく、キレイかどうかが最も重要です。

さまざまなアンケートを見ましたけど、当たり前に「清潔感」という返答が多いです。

その次にサイズという感じです。

まあ、清潔感というのは当たり前の最低限の話なので、いわゆるアンケートの「建前」です。
いきなり「サイズ」の話をするのは気がひけるということです。

サイズのなかでも「大きすぎず、小さすぎず」という平均的な答えが多いのが印象的。

女性が喜ぶには平均程度で充分なんです。
平均サイズあって、しっかりと勃起して、硬ければOK。

まとめると

ざっくりとペニスのサイズは

17cm 世界基準
15cm このサイズであれば女性はうれしい
13cm 日本の平均値
10cm以下 でも充分子孫は残せる

ただ、13cmに満たない場合は女性と遊んでも物足りないと思われます。

平均未満はがんばろう、できれば15cmを目指そう

という感じですかね。


ライター高瀬ヤス イチオシのお勧め増大サプリメント

●ヴィトックスα(vitox α EXTRA edition)


当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴィトックスα。
最大の特徴は日本人向けに日本で成分をバランスよく調整し日本の安全な工場で製造されているところ。

研究されつくした配合により日本人の体に不足している成分が正しく補給でき、増大効果を期待できます。

また販売サイトで4年連続「男性サプリメント」ジャンル売上1位を取り続け、2018/3時点で50万個売れているベストセラー。

販売は自動的な定期購入ではなく欲しい時に購入するので安心して注文できます。
それでも売れ続けてリピートする人が多い、自信があるサプリメントです。


ヴィトックスα の公式ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る