ちん毛の手入れはどうするのか?女性の意識と処理方法

以前は、体毛があるとワイルドでかっこいい印象だった時期もあると思います。

でも最近は、ムダ毛はしっかりと処理することがいいという雰囲気がありますよね。

毛=不潔

というようなイメージが広がり男性も処理を始めています。

特に夏になると短パンをはく男性が増え、すねの毛が全くないという人も多くなっています。

そんな流れですけど、まだまだムダ毛を手入れする男性の数は少ないのが現実です。

今回は「ちん毛」について女性はどう思っているのか、手入れはどのようにするのかを紹介します。

是非参考にしてみてくださいね。

女性の意識

結論から言うと、別にちん毛を処理したからといってモテるわけではないです。
そもそも毛を見せる状況は、相当深い仲ですからね。

そんな中ではっきり断言できるのは、ボーボーに生えたちん毛は汚く・不潔にみられるということです。

ちん毛の長さは意外にあって、だいたい7-8cmはありますよね。

女性からすると、生え放題で処理をされていない毛は、お口でする時に鼻や口に入り邪魔になります。
毛をどけてまで、くわえたくないでしょうし、蒸れて臭うのは・・・嫌いな人もいます。

かといって、全部そっちゃっちうとひかれてしまいます。

女性としては短くカットして衛生面を気にしているような人が希望です。

もじゃもじゃ放置はNG
パイパンもNG

ちん毛は必要なのか?

だいたい、ちん毛ってなんのためにあるのでしょうか。

ちょっと学術的な話ですけど、ヒトがヒトになる前は、サルのように体のほとんどが毛でおおわれていました。

毛は温度調節や皮膚を守るためにあるんですけど、服を着て、住居もあるので、進化の過程でどんどんと薄くなったわけです。

ちん毛や脇の毛は、露出していない場所なのに毛がボーボー生えます。
なぜ必要なのでしょうか。

ハッキリとした理由はわからず、所説あるようですけど、有力な説として「フェロモンがでる」ためだそうです。

ちん毛は第二期性徴で生えてきます。
男性として生殖機能ができたサインというわけのようです。

ただ・・・別にちん毛を見せて歩くわけではないので、別に不要といえば不要ですよね。

衛生面を考えると、多少処理をしたほうが圧倒的にメリットがあります。

ちん毛を手入れするメリット

ちん毛を手入れしておくと以下のことがあります。

  • 蒸れない、匂いが軽減する
  • 清潔になるので好感度があがる
  • 陰茎が大きく見える
  • 水着やパンツから毛がはみ出ない
  • 陰茎に毛が絡まない

男性の服は特に股間周辺に熱がこもりやすい構造になっているし、さらに毛があることで保温・保湿され臭いがでる原因になります。
あと、毛の長さと比較してペニスが立派に見えます。

メリット大きいです。

デメリットもある

注意したいデメリットが1つあります。

この後紹介しますけど、処理の方法で「剃る」ったりすると、肌が一時的にアレます。
目に見えない傷がヒリヒリしたり、傷跡からバイ菌の侵入や性病感染の恐れもあります。

単に手入れするだけでなく、必ずアフターシェーブローションなどで、うるおいを与え、肌をケアしましょう。

ちん毛の手入れの方法

様々なちん毛の手入れ方法があります。

それぞれ、費用も変わり効果も変わってくるので、自分にあった手入れを実践してみてください。

ちん毛を切りそろえる

自分でハサミとコームを使いカットします。

費用:コーム、ハサミ
デメリット:トゲトゲする

自宅のお風呂で、少し短くするだけなら、この方法がもっとも安いです。
道具を気にしないのであれば、ハサミもコームも100円で購入できます。

デメリットは、切った先端がトゲトゲします。
セックスで相手がチクチクしたりするし、下着から先端が飛び出ることもあります。

ヒートカッターで切る

Vラインの毛を手入れする専用のヒートカッターが販売されています。
先端がとがらず球状になります。

エッチでチクチクしないですし、水着や下着の繊維隙間から出ることもありません。
意外とにおいがきついので、周囲を気にしながらカットすることになります。

費用:2000-4000円
デメリット:臭いがでる、故障もする

ハサミできるなら、こちらがおすすめです。

カミソリでそる

水着や下着からはみ出る部分はカミソリでカットする人も多いです。
女性用のVゾーン用T字カミソリや電動のI字シェーバーがあります。

髭用は長い毛を剃るものではないので詰まるので使えません。

費用:カミソリ、クリーム、アフタークリーム
デメリット:カミソリまけ、生え始めがチクチクする

風呂場で、剃りたいゾーンの毛を少し短めに切ります。
次にクリームを塗って、剃っていきます。

ペニスに近い場所は難しいので、はじめは外側で慣れてから剃るのがおすすめです。

肌があれるので、必ずアフタークリームで保湿してください。

ブラジリアンワックスで脱毛する

最近話題のブラジリアンワックスを使い脱毛する。

軽くカットして、抜きたい部分の毛に塗り脱毛します。
肌にやさしい成分で、しっかり脱毛できます。

しっかり抜いているので、生えにく、長持ちします。

費用:ワックス、アフタークリーム
デメリット:すこしいたい! 

綺麗に脱毛できる反面、一気に抜くのですこしイタイです。



関連記事:

クリームで除毛する

要らない毛に塗って、溶かしてしまうクリームです。
肌にあえば、おすすめの方法ですが、ペニス周辺には使えません

費用:除毛クリーム、アフタークリーム
デメリット:肌に合わない人もいるし危険

アルカリ性のクリームなので、肌に合わない人もいるので注意が必要です。
少量でテストしてから本格的に使うことが必要です。

除毛クリームは皮膚が強い、スネやウデなどに使うことが望ましいです。

関連記事:

家庭用脱毛器

綺麗に脱毛できます。

費用:数万円
デメリット:高い

女性の脱毛器が多く販売されているのでそちらを使います。

さすがに奥さん・彼女とシェアできないので、自分用に購入する必要があります。
相場は3-5万円くらいで少し高い。

サロンやクリニックで脱毛

メンズサロンでも手入れができます。
医療用レーザーで脱毛できるのはクリニックで、弱い光を使って脱毛に近づけるのがサロンです。

アンダー全体の処理をプロが行ってくれます

メリットは徐々に毛を薄くして、段階的に永久脱毛していきます。
完全に脱毛すると、もう生えてくることがありません。

高いですが、悩んでいる人はやってみる価値はあると思います。

費用:10万ほど
デメリット:価格が高いこと、人が処理すること



最後に

男の人はちん毛の手入れをしている人はまだまだ少数です。
しかし、近年男性の毛に対する意識は高くなっているし、女性は毛=不衛生という認識も高くなっています。

そろそろ、男が毛を手入れするのは当たり前の時期が来るでしょう。

今からちん毛の手入れをしておくことは女性の好感度も上がりますよ。

お勧めの脱毛方法はブラジリアンワックスです。
関連記事:


ライター高瀬ヤス イチオシのお勧め増大サプリメント

●ヴィトックスα(vitox α EXTRA edition)


当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴィトックスα。
最大の特徴は日本人向けに日本で成分をバランスよく調整し日本の安全な工場で製造されているところ。

研究されつくした配合により日本人の体に不足している成分が正しく補給でき、増大効果を期待できます。

また販売サイトで4年連続「男性サプリメント」ジャンル売上1位を取り続け、2018/3時点で50万個売れているベストセラー。

販売は自動的な定期購入ではなく欲しい時に購入するので安心して注文できます。
それでも売れ続けてリピートする人が多い、自信があるサプリメントです。


夏のキャンペーン中 !
8/10-8/19まで、+リキッド1本 ついています!

ヴィトックスα の公式ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る