ペニスの増大手術に潜むリスクと費用

ペニスを膨らませるために即効性が望まれると理解されている外科手術です。

しかしながら実際の所大きな懸念があることは分かっていらっしゃるでしょうか?

ペニスを増大させるためのオペには、いろいろな施術方法が存在します。
お手軽なものではヒアルロンと言われるものを陰茎に注射する手法から、ハイクラスな外科処置まで存在します。

ぱっと見、注射製法のような簡単なオペレーションは危険性もめったに見られない風に感じますが、その分効き目が継続しないなどということもあると考えます。

さらに外科処置という様なハイクラスないわゆるペニス長茎手術はリスクが高く、行政からの警鐘まで公開されるレベルとなっています。

10歳代の相談件数は102件
20歳代の相談件数は938件
30歳代の相談件数は545件
40歳代の相談件数は224件
50歳代の相談件数は99件

それなりに危険性が存在するわけです。

ペニス増大手術の費用

手術はペニスを拡大させる為の手法の中では、高額です。
ただペニス増大手術と一言で示しても、施術の手法には複数ばらばらで、費用も当然違いがあります。

1、注射によるペニスの増大手術

注射によるペニス増大は、最も手軽に挑戦できる施術です。
その費用や効果が期待できる継続期間は、注射する物質や量によってかわります。

コラーゲン注射は 半年程度の効果で5万前後
ヒアルロン注射 は 2年程度の効果で7万前後
アクアミド注射はヒアルロンよりさらに長く 25万ほどが相場です。

さらに、自身の脂肪を注射する場合は 30万から40万ほどかかり、ほぼ永久的に効果が見込めます

2、長茎手術

長茎手術は体に埋まっているペニスを引き出す方法です。
これを行うことで通常時のペニスの分かりやすいサイズを大きく長く見せることが可能になるのです。

長茎手術はだいたい 50万程度かかり 2cm~5cmのサイズアップが望めます。

3、脂肪吸引長茎手術

脂肪吸引は、ペニス周辺の下腹部の脂肪を吸いあげ、ペニスを長く見せる方法です。
先の手術とは逆で、ペニスの周りを取り除くことで、ペニスを大きく見せる方法です。

太り気味の人には、お腹の脂肪を吸引できるので一石二鳥のような感じになります。
ただし、脂肪が無いと意味が無いので、太っている方にしか効果が望めないもので気をつける必要があります。

脂肪吸引長茎手術は 50万ほどかかります。
サイズは、周りの脂肪によりますが 2cmは期待できるでしょう。

こういったふうにペニスの手術を確認すると、かかる費用が高いほど拡大率や継続できる間隔に期待ができるといえますね。ただし、これだけではなくリスクが存在するので、やはり入念な情報を集めたうえで決めることが大切です。

ペニスの手術の前にまずはサプリを使おう

ここではペニス拡大するための手術の費用やリスクをご案内してきました。

このサイトで紹介しているチントレやサプリメントに比べると、短時間で確実にサイズアップが出来る手法であることは間違いありません。しかし然るべき注意が付属するため、いきなり手術をするのはあまり推奨はできません。

手術を試みることより先に正しい認識をもつことが必要になります。

ペニスを大きくしたいと思い始めた人に一押ししたいことが、やっぱりサプリメントによるペニスの増大法です。

今日この頃は有益なサプリメントの類が取り扱われておりおり、通信販売で手間をかけずに手に入れられるうえに、効果の実績を持っているサプリメントも多くなっているようです。


ライター高瀬ヤス イチオシのお勧め増大サプリメント

●ヴィトックスα(vitox α EXTRA edition)


当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴィトックスα。
最大の特徴は日本人向けに日本で成分をバランスよく調整し日本の安全な工場で製造されているところ。

研究されつくした配合により日本人の体に不足している成分が正しく補給でき、増大効果を期待できます。

また販売サイトで4年連続「男性サプリメント」ジャンル売上1位を取り続け、2018/3時点で50万個売れているベストセラー。

販売は自動的な定期購入ではなく欲しい時に購入するので安心して注文できます。
それでも売れ続けてリピートする人が多い、自信があるサプリメントです。


夏のキャンペーン中 !
8/10-8/19まで、+リキッド1本 ついています!

ヴィトックスα の公式ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る