今すぐチェックしよう!セックスのための雰囲気づくり

セックスを始めるまでに、女性と男性ではスイッチの入り方が異なります。
男はムラムラがたまって、暴走するイメージですよね。

部屋に入ると、いきなりキスして、脱がして、アソコを触る・・・。

そんな流れでは女性は感じません。

女性はセックスになるまでの安心できる環境を大切にしています。
事前準備の「清潔感」もその一つです。

女性は、自分の恥ずかしい部分も全て受け入れてくれる雰囲気を作って欲しいのです。

ここでは、部屋に入ったあとの雰囲気づくりについて紹介します。
これまでにない快感を味あわせるためにも、参考にしてください。

関連記事:

雰囲気づくりの鉄板はDVD

たぶん、多くの男性は、女性と部屋で二人きりになりソファー(ベッド)に座ってドラマを見て、スキンシップをしてセックスという流れを経験していると思います。

「DVD」やドラマは鉄板ですよね。

具体的な雰囲気作りは

DVDやドラマを見ながら、女性の「隣」に座って良いか確認。
まあ、だいたいOKします。

で、観ている最中に手をつないだりしてスキンシップをとる。
キスして、その流れでベッドへ行く。

という簡単な流れです。
あくまでも最初は「DVDを見る」という行為でしかないのですが、自然にセックスに入ります。

1手目は隣に座る

一番重要なことは、「隣に座ること」です。

小さなことかもしれませんが、この距離感で相手の警戒心をほぐしていきます。
隣に座るのであれば、ドラマやDVDでなくても構いません。

昔のアルバムだったり、本やパソコンでもいいのです。
隣に座ることで次のスキンシップに入ることができます。

スキンシップ

手をつなぐ
髪を撫でる
体を触る
抱き合う
キスをする

隣に座るとこれらの行為ができます。

浅いものから初めていき、警戒心がほぐれたところで徐々に深いスキンシップに入ります。
途中NGが出れば一回引いて、再度挑戦します。

あとは、甘い言葉で雰囲気を作っていきます。
軽いキスができれば次の段階です。

ホテルの場合

ホテルの場合はある程度相手もセックスする気分は高まっています。
ただ、いきなりキスして、押し倒すのも雰囲気がありません。

ホテルの場合は、まず部屋に入って荷物を置いたら、室内を確認する流れでトイレや浴室を一緒に見て回ります。
浴室を覗いたタイミングで、お湯を溜めます。

シャワー派もいるかもしれませんが、気にせず当たり前のように溜めます。

そこで「一緒に入りたいなー」みたいに言えばそれでOK。
普段の自宅ではなかなか一緒にお風呂に入れない人も多いと思います。

ホテルならではの楽しみの一つです。

女性は乗り気じゃなければ断ると思います。
ホテルに入っている時点で、お互いが「する」事を意識して行きますので、問題はありません。

一緒に入れなければ、風呂がたまったタイミングで先に体を洗いに行きます。

実は、セックスの前のシャワーってやる気満々で雰囲気が少し気まずくなるんですよね。
部屋の入った勢いで、お風呂に入りやすいシチュエーションを作ってしまうことが大切です。

ホテルなので、広いシャワールームでセックスの前戯をしても盛り上がりますよ!

関連記事:


ライター高瀬ヤス イチオシのお勧め増大サプリメント

●ヴィトックスα(vitox α EXTRA edition)


当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴィトックスα。
最大の特徴は日本人向けに日本で成分をバランスよく調整し日本の安全な工場で製造されているところ。

研究されつくした配合により日本人の体に不足している成分が正しく補給でき、増大効果を期待できます。

また販売サイトで4年連続「男性サプリメント」ジャンル売上1位を取り続け、2018/3時点で50万個売れているベストセラー。

販売は自動的な定期購入ではなく欲しい時に購入するので安心して注文できます。
それでも売れ続けてリピートする人が多い、自信があるサプリメントです。


夏のキャンペーン中 !
8/10-8/19まで、+リキッド1本 ついています!

ヴィトックスα の公式ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る