知っておくと便利!使える鉄道アプリで体力温存

首都圏に住む40代の男の人にとって、毎日のるのが電車じゃないですか?

首都圏の朝の電車はすごいです。
国土交通省の混雑データを見ると、東京メトロ東西線、JR総武線、小田急線、JR横須賀線のワースト4が乗車率190%を超えているとか。

混雑率180%を超えてくると、手すりや吊革につかめないレベルになってきます。

朝の通勤はもう仕方がないのかもしれないけど、帰りはできれば座って帰りたいものです。
夜のために体力を温存しておきたいものです。

そこで、おすすめは鉄道会社のアプリです。

既にダウンロードしている人もいると思いますが、まだの人は便利なアプリを知ってください。

鉄道会社のアプリの機能

鉄道会社のアプリには様々な機能があるんですけど、特筆はこの2つです。

  • 走行位置情報がわかる
  • 車内の混雑状況がわかる

走行位置情報は、現在電車がどこを走っているのか、ほぼタイムリーにわかります。
遅れている電車はマークがつくのですぐにわかります。

そして、さらに車両がどれくらい混雑しているのかもわかるんです。

東京の電車は数分間隔で走っているので、ちょっと待って後から来る電車に乗ることもあると思います。
アプリを使うと、後から来る電車がどれくらいの時間で来るのか、またその電車がどれだけ混雑しているのかがわかるんです。

もしも、後の電車が空いていて、座れる場合もあるかもしれないし、後の電車が混雑しているのが予想できれば、わざわざ待つ必要もなくなります。
時間も体力も有効につかえるんです。

ちなみに、私が確認した限り、今のところ

JR東日本
東京メトロ
東急線

このアプリが走行位置情報と混雑状況を知ることができます。
山手線では車両ごとの温度と混雑もわかります。

アプリは他の電鉄

京王線
小田急
西武鉄道

も出していますが、今のところ混雑状況はわからないです。

今後は、機能も充実してくると思います。

その他駅の構内図、時刻表、駅の周辺情報、忘れもの情報、遅延証明、定期券予約など各社様々なサービスがあります。

※乗り換えや所要時間を検索するには「乗換案内」専用アプリが便利です

私がよく利用する東京メトロの混雑事例

混雑状況は路線によって表現が異なります。
ここでは私がよく利用する東京メトロの混雑事例です。

混雑状況の表示は6段階

  • 1 かなり空いている
  • 2 空いている
  • 3 やや空いている
  • 4 やや混雑している
  • 5 混雑している
  • 6 かなり混雑している

このように表記されています。

体感として
1は椅子に座れる
2は椅子は埋まって、扉付近はまだまだ人がのれるスペースがある
3は椅子の前にも人が立ち、立っている人同士が接触するかしないかくらいの混雑
4は扉付近がぎゅうぎゅうで、椅子の前で立っている人は周りの人との接触が少ない
5はどこも身動きが取れない状況
6はたぶんスマホを誰も触れないくらい混雑していると思います。
 
ただし、6は未確認のため推測です。

うまくアプリを使って夜の体力を温存してください。


ライター高瀬ヤス イチオシのお勧め増大サプリメント

●ヴィトックスα(vitox α EXTRA edition)


当サイトのダントツNo.1おすすめ増大サプリがヴィトックスα。
最大の特徴は日本人向けに日本で成分をバランスよく調整し日本の安全な工場で製造されているところ。

研究されつくした配合により日本人の体に不足している成分が正しく補給でき、増大効果を期待できます。

また販売サイトで4年連続「男性サプリメント」ジャンル売上1位を取り続け、2018/3時点で50万個売れているベストセラー。

販売は自動的な定期購入ではなく欲しい時に購入するので安心して注文できます。
それでも売れ続けてリピートする人が多い、自信があるサプリメントです。


夏のキャンペーン中 !
8/10-8/19まで、+リキッド1本 ついています!

ヴィトックスα の公式ページはこちら

関連記事

ページ上部へ戻る